オリンパス E-620 中級者
ボディ内手ブレ補正機能搭載モデルとしては
世界最小最軽量を実現
コンパクトなボディながら、ボディ内手ぶれ補正、7点測距、バリアングル液晶、ライブビューなど充実した機能を搭載しています。また、上位機種であるE-30と同様に「アートフィルタ」機能も利用可能です。
オリンパスE-620レビュー

PIE(フォトイメージングエキスポ)2009でオリンパスE-620に触ってきました。魅力的なアートフィルター機能を試しています。詳しくは、「オリンパスE-620レビュー速報:アートフィルターがおもしろい!!」をご参照ください。

オリンパスE-620 上部 E-620液晶 全体

特徴

オリンパスE-620は、エントリーマシンからのステップアップを目指すユーザーをターゲットにしたモデルです。

画素数は1230万、もちろんボディ手ぶれ補正ダスト対策機能も搭載です。AFのスピードに大きな影響を与える測距点も7点となっており、すばやいオートフォーカスが可能です。

このE-620の最大の特徴は、フリーアングル液晶を搭載しつつ、ボディを小さく抑えた点です。フリーアングル液晶を搭載した場合、撮影の自由度は高まりますが、機構が複雑になる分、ボディが大きく、そして重くなるのが一般的でした。

しかし、E-620では、フリーアングル液晶を搭載していないE-520とボディ重量が同じなのです。しかもボディだけだと約475gしかありません。これなら持ち歩く際にも、あまり負荷のかからない重さです。

フリーアングル液晶のメリットは、なんといっても高い/低いポジションから、液晶に映った画像を確認しつつ撮影できる点です。これにより、一般的なポジションとはちょっと異なるポイントから撮影できるようになるため、視点の変わった写真を撮影できます。しかも、確認しながら撮れるので失敗作も少なくなります。

発売日 2009年3月下旬
仕様
画素数 1230万
AF焦点 7点
液晶 2.7型
可動式
重量 475g
最大連写速度(コマ/秒) 4
ボディ内手ぶれ補正 本体内蔵
ゴミ除去
ライブビュー
メディア CF/xD
メーカーサイト
価格.com
レビュー
スペック一覧
一目で比較できるスペック一覧
メーカー別一覧はこちら
スペック一覧へ
メーカー別一覧はこちら